依存症は人格を変え、家族を不幸にする

依存症は家族を不幸にする

依存症で家族が崩壊する

依存症はギャンブル依存症、アルコール依存症、近年ではネット・ゲーム依存症と多岐に渡ります。
どの依存症にも共通しているのは、気分転換のつもりで始めた娯楽に熱中していく内に思考が歪み、大切な人間関係や仕事に問題が生じてしまうことです。

依存症の問題点

  • 家族・友人・仕事に費やしていた時間が減る
  • 平気で嘘をつくようになる
  • 家庭内の不和が増える
  • 言葉が乱暴になり家で荒れるようになる
  • 自暴自棄になる

私の夫が自分の娯楽のために借金をしていたことが分かったとき、私が最も深く傷ついたのは夫の人格がすっかり変わってしまったことでした。残業だからと嘘をつき、毎日飲んでパチンコやゲーム課金で散財し生活費や学資保険にまで手を付け、家族のことなんて何にも考えていない自分本位さに失望させられました。

金銭管理や借金返済計画について話し合う機会を設けましたが、本人はただ泣いておろおろするばかりで自分のしたことの責任の取り方については何も言いません。ただ自分が責められないようにその場を乗りきることしか考えていないようでした。

お悩み主婦
お悩み主婦

自己保身のために嘘を重ね、嘘が発覚すると泣いてごまかし、本人のために金銭管理している私に「金を寄越せ」と怒鳴りつける日々…。私の態度が悪いせいでギャンブルをすることになったんだと責任転嫁された日はとても頭にきました。

とりあえずの借金を返し終わっても、自分本位で衝動的な性格はなかなか治らず、私の心を更に疲れさせていくのでした。

依存症は脳の機能障害

お疲れ主婦
お疲れ主婦

依存症者の脳は、依存対象(ギャンブル・アルコール・ゲーム)に関連した刺激に対しては過剰に反応しますが、ギャンブルやアルコール・ゲーム以外への脳の反応が減っていきます。


脳が長い間強い刺激で興奮状態にさらされることによって機能障害を起こしているのです。
そのため、本人の意思や根性、罰などによって改善されることはなく、家族内で決めた約束も依存対象のためならすぐに反故にしてしまいます。依存症者のために規則を作っても情に訴えかけても、脳の機能が弱っているので無駄になるばかりか、裏切られた家族はさらに傷つくことになり悪循環に陥ってしまいます。

発達障害との関係

発達障害の傾向を持つ人が依存症に陥りやすいことが分かっています。

癒しの主婦
癒しの主婦

発達障害があると、衝動や感情をコントロールする脳の前頭葉の力が弱いために、新しい刺激を見つけるとそれを繰り返し、抑制が利かなくなるのです。

発達障害の傾向は、ほとんど乳幼児期(1~6歳)に現れ、今でこそ認知も療育も進んでいますが、現代の大人は幼少時に診断されることもなく育っています。
実家で親の監視下にいる場合や、結婚して配偶者に手厚くフォローしてもらっている内は問題が表面化しにくく、本人が問題を抱えきれなくなった時に家族が尻拭いをしないとどうしようもない事態になっているのです。
家族や配偶者が依存症だった場合、発達障害が潜んでいないか確認が必要です。

家族の力だけでは治らない

怒りの主婦
怒りの主婦

依存症は本人の責任で本人の問題です。いくら家族が知恵を振り絞っても、本人が問題を自覚し回復しようと思わない限り回復するのは難しいです。


依存衝動が収まったようにみえても脳の反応が正常に戻るには最低3年かかります。
そんな長い治療期間に、散々傷つけられた家族が依存症者のために貴重な時間を更に犠牲にするべきではありません。
依存症者が揺さぶりをかけるために家族に暴力をふるったり、自殺や犯罪をほのめかすこともよくあることのようです。そんな時には即座に見放す覚悟が必要です。

癒しの主婦
癒しの主婦

決して家族内で解決しようと思わないでください。
家族が依存症で恥ずかしい気持ちはよく分かりますが、親しい人に悩みを打ち明けることは依存症者家族にとって支えになります。

行政の窓口やNPO、依存症の専門家でもいいので外部へ相談するべきです。
家族以外に援助者をみつけ、依存症者家族は自身の心の回復に専念しましょう。

LINEで送る
Pocket