旦那の責任転嫁に騙されるな!

心の疲れをとる習慣

借金や浮気等の言い訳

借金や浮気等の原因として、仕事のストレスがたまっていて他に解消する方法がなかっただとか、配偶者の態度が冷たかっただとか言い訳をしてくることが多々あります。
夫の借金や浮気で苦しめられているのに、更に責任まで押し付けられるなんて妻としては踏んだり蹴ったり・泣きっ面に蜂状態です。

怒りの主婦
怒りの主婦

こういう言い訳を真に受けて傷ついたり、同情したりしないでください。

なぜなら、これは単なる自己正当化に過ぎないからです。

衝動的で倫理観が働かず、自分のことしか考える能力がないため、自分がしたことへの責任逃れをしているだけなのです。

よくある言い訳

  • 仕事のストレス
  • 配偶者が冷たかった
  • 家に帰りたくなかった

自己正当化する心理

  • 責任逃れ
  • 衝動的で抑えが効かない
  • 自分本位・自己中心性

仕事・家庭内での問題と借金・浮気は同じ時期に起こったかもしれませんが、因果関係があるとは限りません。

お悩み主婦
お悩み主婦

万が一、職場や家庭が原因であれば、その解決のために借金や浮気より先に、職場の先輩上司に相談したり、家族で話し合いをしたりすべきことがあったはずです。

仕事や家庭で上手くいかないことなんて誰にでも何度でもあるはずです。その度に全ての人が借金や浮気をするでしょうか。
逆に、借金や浮気をするほど思考が歪んでしまったからこそ、仕事もおざなりになって、家庭内もギスギスしてしまうと考えることもできます。

事実だけに焦点を当てる

相手の心ない行動に傷つき、さらに責任を押し付けられ平静でいられないのは当然のことです。
しかし、感情的になって話の論点がずれてしまっては相手の思うつぼです。

お疲れ主婦
お疲れ主婦

借金や浮気をするような人の言葉に一喜一憂して振り回されていては、心身ともに消耗してしまいます。
相手の言葉は聞き流し、事実や証拠だけを淡々と確認するようにしましょう。

責任が誰にあるかなんて、本人に責任があるに決まっているのです。そもそも議論する余地すら無いのです。
自分の責任に向き合わずに論点を変えるようとする相手に騙されて、不必要な罪悪感を持ってはいけません。
罪悪感を持ってしまえば、更なる不幸の悪循環が待っています。
相手の言葉ではなく行動に目を向けることで、余計なことは考えずに適切に対処できるはずです。

LINEで送る
Pocket